TRAVEL DIARY

海外旅行に役立つヒントを中心に、自身の一人旅やお金まわりについて♪

ジュネーヴ一人旅④ 街並みを写真に収めながら自然史博物館へ

こんにちは♪

ゆいです😊

 

ジュネーヴには博物館や美術館がたくさんあり、前回の科学史博物館に続いて、今回は自然史博物館を訪れたお話です✨

また、今回の旅ブログでは写真を多めに載せていますので、ジュネーヴの風景も楽しみながらお読みいただければと思います😄

それでは本編をどうぞ!

 

 

再びジュネーヴの街をお散歩

科学史博物館の見学を終え、再びレマン湖沿いを歩きながら街中へと足を進めます。

(このコブの付いた木が気になるのですが、何という名前なのでしょうか。調べても分かりませんでした😅)

f:id:travel-diary:20181230140225j:plain

街中の建物も可愛いです。日本には無いようなデザインなので、歩きながら写真を取ってまわりました。

f:id:travel-diary:20181230140316j:plain

f:id:travel-diary:20181230140339j:plain

 

 

ランチはパンを食べ歩き

お昼時はあまりお腹が空いていなかったので、通りがかったパン屋さんで小腹を満たすことに。旅行中は食よりも観光に目がいってしまうので、簡単にご飯を済ませることが多々あります。

ジュネーヴは国際都市ではありますが、英語を話せる人が多いという訳ではありません。このパン屋さんでもフランス語しか通じず、注文に少々手間取りましたが、にこやかに対応してくれる店員さんのおかげで、焦らず欲しいパンを買うことが出来ました。

f:id:travel-diary:20181230140237j:plain

こちらはアップルパイ。程よい酸味のあるリンゴでしたので、甘すぎずペロリと完食でした!

f:id:travel-diary:20181230140253j:plain

 

 

ジュネーヴ自然史博物館を見学

ジュネーヴ自然史博物館(Muséum d'Histoire naturelle)を訪れました。

f:id:travel-diary:20181230140420j:plain

institutions.ville-geneve.ch

年間25万人の来館者を迎える大人気な観光スポットです。その人気の理由は、充実した展示内容にあります。
主には、スイスに生息する動物の展示、地球や人類の歴史、将来における環境保護を言及する展示などです。

ジオラマは本物さながらに今にも動き出しそうです。一体だけではなく、群れでどのように生活しているかが一目で見て分かりやすくなっていることが特徴です。その他にもビデオ鑑賞しながら生態系について学ぶことができる部屋もあれば、子ども向けの体験教室もあるため、年齢を問わず楽しむことが出来ます。

敷地が広く、展示品も多いため、2時間ほど時間が取れれば充分に見てまわれると思います。

f:id:travel-diary:20181230141154j:plain

 

今回はここまで♪

次回もジュネーヴの一人旅の様子をお届けします😊

 

 

 

↓前回の記事もどうぞ↓

www.travel-diary.jp

www.travel-diary.jp

 

 

 

 ↓ポチッとな↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村