とらべるだいありー。

旅のアレコレをメインに、興味のあることを綴ります

モスクワ一人旅⑥ ロシアでジェルネイル体験&スーパーのお惣菜ご飯

こんにちは♪

ゆいです😊

 

今回は、ロシアの地元の人のような生活に触れたいと思って経験した、スーパーマーケット内での出来事をお話していきます😆

それでは本編へどうぞ✨

 

 

夜のイズマイロヴォ散策

f:id:travel-diary:20181204203723j:plain

ロシア最後の夜はホテル周辺を散歩することに。イズマイロヴォのホテル群は、どれもライトアップで綺麗に照らされています。

私が泊まったのは黄色にライトアップされた、イズマイロヴォ・デルタです。 

 

9月の19時頃でしたが、日が陰るのが日本よりも早い気がします。でもホテルの周辺なら安心ですね。向かった先は近くにあるスーパーマーケット。

f:id:travel-diary:20181204203742j:plain

1階では日本のスーパーのような食料品売り場があり、2階〜3階はお土産売り場や衣料品店がテナントで入っていました。

 

 

ロシアでジェルネイル

ドキドキしながら申し込む

元々ジェルネイルが好きで自分でも時間をかけてセルフネイルをやる私ですが、ロシアで機会があったらジェルネイルを体験してみたいと思い、日本でネイルオフをしてからロシアに遊びに来ていたのでした。

その願いがこのスーパーマーケットで叶うことに!

 

食料品を買う前にスーパーの中を散策しようとエスカレーターを上がったところで、ジェルネイルをやってくれるカウンターみたいなところを発見。欧米系の女性が受付をしていて、実際施術してくれる方々はアジア系の女性でした。

申し込み方法が分からないので、迷惑にも施術中のお客さんをジーっと見ていると、「ジェルネイルしたいの?」と聞かれて施術してもらうことに!

 

通されたカウンターはこんな感じ。

f:id:travel-diary:20181204203806j:plain

爪にオフしきれていないジェルが残っているのをジェスチャーで伝えると、リムーバーを貸してくれました。

そのあと、ぬるくてトロッとした液体に指を浸けるように支持されたので、その通りにしていると、どうやら甘皮を柔らかくする液体だったようです。

力が強めだったので、心の中で「(イテテテ!)」と言いながら甘皮を綺麗に取ってもらいました。

そして使ったジェルとマシーンがコチラ↓

f:id:travel-diary:20181204203818j:plain

ラメ入りの赤いジェルを塗ってもらい、磁石でライン状にラメを集めた後に硬化しました。

出来上がり↓ 

f:id:travel-diary:20181204203832j:plain

思ったより綺麗に仕上がり、とても満足でした!

 

ここでも感じたロシア人の優しさ

ネイルを担当してくれたアジア系のお姉さんは英語が話せない模様。ジェスチャーと無言で会話が進む中、ジェル硬化中に携帯を操作し始めるお姉さん。

 

「(日本だったら仕事中に携帯見れないよ〜)」と心の中で思っていたら、お姉さんが携帯の画面を見せて来ました。

 

「どこから来たんですか?」

 

それはGoogle翻訳のページで、ロシア語から英語へと変換されたページでした。「JAPAN.」とだけ答えると、ウンウンと次の言葉を打っています。

その次の画面は英語の文脈がめちゃくちゃで、よく分からないと返しました。Google翻訳はロシア語→英語の変換でも正確性を欠くときがあるようです。

そして次に見せてくれた画面がとても嬉しかったのです。

 

「もし良かったら、私はあなたの女友達になりたい」

 

これ、すごく嬉しかったんです! お互いの言語が通じないながらも、なんとか伝えたいってその想いが嬉しくて、即OKを出しました。

その時はインスタグラムのIDを交換し、今でもお互いの近況はインスタ上で見ています。

心温まった出来事でした。

 

 

夕ご飯を求めて

ロシアの地元民は一体どんな惣菜を買ってるんだろうという興味のもとスーパーへ。

まずは買い物カゴに衝撃を受けました。

f:id:travel-diary:20181204203846j:plain

スーツケースのように引いて歩くタイプ。これがスムーズに引けるし小回りがきくので、日本でも導入したらいいんじゃないかと思いました。 

ここでもボルシチスープの素を探したのですが全く無かったです。やはり人気。

そしてお惣菜コーナーはコチラ↓

f:id:travel-diary:20181204203857j:plain

 欲しいものと分量を指定して購入します。分量に関しては見本のカップがあるので、指で差して伝えることができます。

 選んだ後はカップにラップで封をして、値段を貼ってくれます。

その場でレンジで温めてもらうことも可能です。

f:id:travel-diary:20181204203911j:plain

この日の夕飯はチキンのトマト煮と、ナスとパプリカの炒め物にしました。 

f:id:travel-diary:20181204203921j:plain

日本のように箸やフォークが付いていなかったことがちょっとしたトラップでした...。ホテルに帰ってから気がつき、ドリンクのストロー2本を箸のようにして食べることになりました。(もちろん食べづらかったです)

 

 

今回はここまで!

次回はロシア最終日に訪れた美術館についてお話していきます♪

 

 

 

#ロシア #モスクワ #一人旅 #スーパーマーケット #ネイル #惣菜

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村