TRAVEL DIARY

海外旅行に役立つヒントを中心に、自身の一人旅やお金まわりについて♪

ロシア一人旅序章② モスクワの空港でタクシーおじさんに着いていく

こんにちは♪

ゆいです😊

 

題名、昨日からちょっと変えてみました。

『序章』を付けただけですが←

 

さて、ロシア旅行の続き!

 

  

シェレメチボ空港で、いきなり怒号で出迎えられる

シェレメチボ空港到着

「ロシアに着いた〜ロシアの空気だ〜」と思いながら出国ゲートを目指す、が、どこが出口か分からずに周りの中国人に着いていくことに。

空港の係員が「ここではなくてアッチに並べ!」と叫びながら、時には観光客を引っ張って連れて行ったりしていたので、「じゃあ一体どこに向かえばいいんだろう」と思いながら一時間弱ウロウロする羽目になり、ビビリの性格なので一番最後に入国審査をすることになったのは、今になってみると良い思い出。

その結果、取り残された私のスーツケース↓

f:id:travel-diary:20181113231950j:plain

 

 

空港のメイン両替所は休憩中

両替所を探して行ったり来たり

ロシアの地に降り立ってからすでに1時間半が経過。

『日本円→ロシアルーブル』よりも、『アメリカドル→ロシアルーブル』に両替した方がいくらかお得になるとの事前情報を得ていたので、日本から$500を持ち込んでいました。

さぁ両替するぞと空港の1階をぐるりと周り、その後2階もぐるりと周ってやっと両替所を発見!

近寄っていくと「休憩中だから両替できないぞ」と言う顔で話す前に断られ、若干の絶望感。

でも運良く(?)空港メインの両替所近くに、列車のチケットを購入する人向けの両替所があったため、そこでなんとか$50だけルーブルに両替ができてホッとしました。

レートは市内の銀行よりも1割ほど悪く、まぁしょうがないかと。

 

 

英語が話せないタクシーおじさんに送迎を頼んでみた

タクシーを捕まえる

空港内のサービスにタクシーを予約してくれるカウンターがあるとの情報を聞いたため向かうと、「予約サービスのシステムがダウンしているんだ」と明るく話すお兄さんに対して顔が暗くなる私。

と言うのも、泊まる予定のホテルは公共交通機関で行けるところではなく、タクシーでしか行けない場所だったからです。

もちろんタクシーが無い訳ではなく、空港内には「タクシー?」と聞いてくる男の人が大勢いて、彼らの信用度が分からず利用を躊躇してました。

が、もはや彼らに頼むしかないと腹を括って、「タクシー?僕はタクシー会社のマネジャーだから信頼できるよ」と、自分で信頼できると言ってしまうおじさんにお願いすることに。

でもそのおじさんが送迎してくれた訳ではなく、仲介してタクシードライバーの元に連れて行ってくれただけでした。

 

タクシー出発

f:id:travel-diary:20181113231832j:plain

そのタクシードライバーは英語が分からず、私が持っていたホテルの地図とナビに頼りながら運転をしていることに不安が増すばかり。

途中でロシア語で何度も話しかけられたのですが、おそらく「写真スポットだよ!」とか「ごめんね!道に迷った!(何度か引き返した)」と言いたいんだろうなと推測しながら1時間ほどでホテルに到着。

支払いは3,000ルーブルでした(後に分かったのはこれが通常の3倍の値段だったってこと)。

ちゃんと送り届けてくれたことには感謝なので、「スパシーバ!(ありがとう!)」と握手して彼とは別れました。

でも道中に撮った写真は、なぜ写真スポットだったのか何度考えても分かりません↓

f:id:travel-diary:20181113232055j:plain

 

ここから続きはまた次回!

 

 

#ロシア #モスクワ #一人旅 #弾丸 #空港 #タクシー