TRAVEL DIARY

海外旅行に役立つヒントを中心に、自身の一人旅やお金まわりについて♪

ロシア一人旅序章④ 人生初のボルシチが美味しすぎて感動感動感動!

こんにちは♪

ゆいです😊

 

前回まではロシア入りするところまでを書いてきました!

今回も、観光ではなく移動のお話になるので、まだ序章です♪

お付き合いくださいませ✨

 

  

タクシー移動

モスクワ・シェレメチボ空港へUターン

朝起きると残念ながらどんよりとした曇り空🌥

でも外を見ると、夜中には分からなかった結婚式披露宴用の中庭が見えて、昼間のホテルも楽しみたかったな〜と。

f:id:travel-diary:20181115212342j:plain

そんなことを思いながら、またワカメの味噌汁を飲みつつ荷物の整理。

チェックアウトに向かうと、美人なホテルマンが「Good Morning」と笑顔で出迎えてくれました。

 

頼んでいた滞在登録の証明書とパスポートを受取り、必要なことは筆談で会話。

タクシーが来ていることと、運賃は1,000ルーブルだと再度の確認があり、「OK」と伝えて事前払い。

タクシー運転手にではなく、ホテルで、しかもクレジットカード決済ができたことは安心でもあり有難かったです。

 

タクシーに乗込む

f:id:travel-diary:20181115212425j:plain

もちろん、英語は通じませんでした。

タクシードライバーがずっと「テルミネ$%`@?? テルミネ$%`@??」と聞いてくるので、何だろうと考えた末、「行き先のターミナルを聞いてるのか💡」と分かった時には少し嬉しかったです。(イタリア旅行に行った時、ターミナルをテルミネと発音していたことを思い出しました)

スマホの画面でターミナル番号を伝えると、そのままシェレメチボ空港へ向かってくれました。

 

シェレメチボ空港到着

f:id:travel-diary:20181115212448j:plain

さすが首都モスクワの空港だな、と思ったのは、空港が広いこと広いこと。

海外の高級外車が至るところに展示されていました。

f:id:travel-diary:20181115212501j:plain

 

 

念願のロシア料理に舌鼓

ボルシチが美味しすぎた!!!

チェックインカウンターが多すぎて彷徨いながら、セキュリティもクリアしたので、空港内のカフェで朝食を摂ることに。

ここで初めてボルシチに出会う。

 

まずは、ショーケースの中にあるキッシュと、ボルシチを指差し、お会計へ。

f:id:travel-diary:20181115212533j:plain

f:id:travel-diary:20181115212549j:plain

これが本当に美味しかったのです!

生まれて初めて食べるボルシチは、赤ビーツをメインに野菜たっぷりの塩気がきいたスープで、上に乗っているサワークリームが野菜の美味しさをさらに引き立てていました......美味しい!!!

私はここから帰国する日まで、毎日ボルシチを飲むことになります。時には1日に2回も!!

 

 

ここから続きはまた次回!

 

 

↓過去の記事もどうぞ↓

www.travel-diary.jp

 

 

 

↓ポチッとな↓

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ