TRAVEL DIARY

海外旅行に役立つヒントを中心に、自身の一人旅日記など♪

ローマ一人旅⑧ ヴァティカン美術館の見学で極上美術を愛でる

スポンサーリンク

こんにちは🎶

ゆいです😊

 

今回よりヴァティカン市国に入ります✨

 

世界最小の国というだけでなんだか憧れのようなものをずっと持っていましたので、行けて良かった国のうちの一つです😆

 

そしてあまりの情報量の多さに今回も写真を撮影するだけで精一杯だったため、一つ一つの作品について触れられるほど記憶が確かではありません...

 

なので是非写真を楽しんでいただいて、「こんなのもあるんだ〜現地に行って見てみたいな」くらいに思っていただけますと嬉しいです😅

 

それではヴァティカン美術館からどうぞ✨

 

 

ヴァティカン美術館とは

歴代ローマ教皇が収集した美術品のみならず、考古学や人類学に言及する作品も見られ、様々な所蔵品を一度に目にすることができる美術館です。

www.museivaticani.va

www.tripadvisor.jp

1506年に当時の教皇ユリウス2世が古代の彫刻コレクションを置き始めたのが美術館の始まりと言われています。

 

約500年に渡って収集されたコレクションの数々に、とても一日ではまわりきれません。

 

見学コースは数kmに及びますので、お目当の美術品を先に調べておくことをオススメしますし、荷物は軽くしてスニーカーだとより楽しめると思います🎶

 

 

ヴァティカン美術館の彫刻たち!

f:id:travel-diary:20190124232417j:plain

はい、ヴァティカン美術館の目の前です!

 

既に凄そうな雰囲気が漂っています。

 

でもここが入口ではないのです。

 

実際はこちら↓

 

平日の朝早くに行ったので空いていました。

f:id:travel-diary:20190124232719j:plain

入館すると既に異次元です...

 

どこからどうまわれば良いのやら、暫く悩みました(笑)

f:id:travel-diary:20190124232739j:plain

↓ナイル川を擬人化した像だそうです。優雅で壮大な雰囲気!

f:id:travel-diary:20190124232756j:plain

↓ラオコーン像

作者は不明ですが、その迫力とダイナミックさはミケランジェロに影響を与えたとされています。

f:id:travel-diary:20190124232817j:plain

↓彫刻が部屋の中にびっしり

f:id:travel-diary:20190124232838j:plain

↓ベルヴェデーレのトルソ。

ミケランジェロが活躍していた時代に発掘され、あのミケランジェロもこのままが美しいとコメントしたそうで、修復されずに保管されたそうです。

f:id:travel-diary:20190124232917j:plain

↓トンマーゾ・コンカ作の天井フレスコ画、美しい!

f:id:travel-diary:20190124232941j:plain

↓赤大理石でできた大杯です。床はギリシャ時代のモザイク画が素晴らしいです...!

f:id:travel-diary:20190124233033j:plain

↓こ、これは頭が重そうな...

f:id:travel-diary:20190124233442j:plain

↓赤大理石製の棺。赤大理石はとても珍しいんですって!

f:id:travel-diary:20190124233458j:plain

↓アテネのモザイク画がある部屋は十字の形でした

f:id:travel-diary:20190124233517j:plain


いっぱい写真だけを並べてしまいましたが、一旦、彫刻系が終わったので今回はここまで!

次回は絵画や壁画のご紹介をメインにしていきます✨


 

 

↓過去の記事はこちら↓

www.travel-diary.jp

www.travel-diary.jp

 

 

 

↓ポチッとな↓

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ