TRAVEL DIARY

海外旅行に役立つヒントを中心に、自身の一人旅やお金まわりについて♪

JCBカードは海外で使える?! メインカードにはVIZA・Masterを

こんにちは🎶

ゆいです😊

 

海外旅行にクレジットカードは必須のアイテムですが、JCBユーザーにとっては「海外でJCBは使えるのか?」が気になるところ。

f:id:travel-diary:20190217231155j:plain

国際カードブランドのVIZA・Masterに比べると、日本生まれのJCBはまだまだ海外で利用できないというイメージが付いています。

 

JCBは海外で使えるの? 海外旅行にはどのクレジットカードを持って行くべき? 今回はそんなお悩みを解決します💡

 

 

JCBカードは世界で11,000万人以上が利用中

日本生まれのJCBカードは、意外にも世界23の国と地域で利用されています。

 

多くの日本人が観光に訪れるアジア圏ではその利用が特に顕著で、韓国や台湾への観光の際はJCBが活躍します。

 

アメリカでは現在730万以上の店舗で利用可能とのことです。

 

アメリカ生まれのDiscoverカードとの提携により、Discoverカードが使えるところではJCBカードも使えることが多いそうです。

(Discoverカードが使える全ての店舗でJCBカードが使えるということではありません。)

 

ヨーロッパでも、例えば日本人観光客に人気のルーブル美術館でJCBカードが使えますし、ロシアのエルミタージュ美術館でもJCBカードが使えます。

 

とは言え、やはりVIZA・Masterに比べると利用できるお店は少ないな〜という印象です。

 

「JCBは海外で利用できない」というよりは、「JCBは海外で使えないことがある」のほうが表現としては合っているように感じます。

 

 

JCB加盟店が少ない理由は?

店舗側目線で考えると、手数料の高さが挙げられます。

 

一般的に、店舗がクレジットカード会社に支払う手数料は、VIZA・Masterは平均3〜3.5%、JCBは平均3.5〜4%です。

 

少しの差と言えど、チリも積もれば店舗側にはダメージになりますし、そのためJCB加盟店はまだまだ少ないのだと考えられます。

 

 

いざという時に頼れるJCBプラザ

JCBの魅力はサービスが手厚く、困った時に頼れる『JCBプラザ』を世界60の地域に配置しています。

 

盗難・紛失などの緊急時や、レストランの手配など、日本語で対応してくれるのが嬉しいポイントです。

 

JCBカードを持っているだけでサービスが受けられますので、このためにJCBカードを持って行くのもアリですね!

 

 

メインカードはVIZA・Master、サブにJCB

JCBの加盟店は年々増えてはいますが、国際ブランドのVIZA・Masterをメインカードに持っておくとあらゆる場面で利用できるため、安心です。

 

JCBはサブカードとして持っていきましょう!

 

複数枚クレジットカードを持っているだけでも海外旅行の不安は薄れると思いますので、楽しい海外旅行をお過ごしください✨

 

 

 

『海外一人旅』部門、現在第17位です✨

↓ポチッとな↓

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ